泥沼ルサンチマン闘争を避ける

社会的な弱者となった人間は、ルサンチマンによって自己の世界観を作り変えて内的世界の価値基準の転覆を図る。誰も「現実的に」傷つけない行為という意味では害は無いと思うのだが、自己自身の歪みによって自分が苦しむという話は大いにあることだと思う。

例えば、内的世界で復讐を果たしたものの、それが自己の内部にある「憤り・怨恨・憎悪」的なネガティブな感情に基づいて行われたことを認知すると、自分で自分が嫌になってくる。

なんて自分は小さな人間なんだ・・・!

と。

なので「自分こそが正しく世界を見ているんだ!」などと思っていたら、実は単に自分にとって都合の良いように世界を歪めて見ようとしていたに過ぎなかった、などと一度知ってしまえば、中々に厄介なことになる。

最も厄介なのは、ルサンチマンに基づく“メタ思考によるマウンティングの無限ループ”である。

まず、ベースとなる内容を考えよう。

たとえば、

「お金があれば人間は幸福である」

という社会的な価値基準があるとする。

これに対して弱者(=お金の無い人間)は、

「お金の無いことこそ幸福である」

などと、自身の内面で価値転倒を図る。

こういった活動を見ている他者は一歩退いて

「弱者が内的に価値転倒を図っているのだな、くだらない」

と考える。

しかし、この思考もある価値基準の中で弱者となる自己のルサンチマンによって発せられ得る。そしてこれは永遠に続く。

[{(「xxx」である自分は相手より凄い)と思っている相手より自分は凄い}と思っている相手より自分は凄い]と思っている相手より自分は凄い・・・

のようなメタ思考によるマウントを取り続ける。しかし、詰まるところこの思考はどこまで行こうがルサンチマンに基づいた思考でしかない。

要するにこの枠組みで思考する限り「あなたがやっていることは、あなたが嫌っている人がやっていることと同じに過ぎないんだよ」ということである。

もし、ルサンチマン的な感情を自身が保持していることに対して、自分自身が嫌悪するならば(そんな高潔であろうとすることをまず止められると良いのであるが)別のアクションによって枠組みから抜ける必要がある。

それが「忘却」である。

確かに忘却という行為を取ること自体は、その動機はルサンチマンに基づくのかもしれない。(=ルサンチマンのパラダイムでマウントを取っている人間よりも自分は優れている=>「忘れたもん勝ち」という価値基準に転倒させている)が、一度忘れてしまえば問題になることはない。なぜなら「そんなことを知ることは無いから」からだ。知らないから苦しみからは抜けられる。

他者からは何かを言われるかもしれないが、自己が忘却を維持し続けている間は、ルサンチマン的な動機で行動していることはない、ということになる。(そして自分はその事も知らない)もし自己自身の歪みによって自分が苦しんでいるのであれば論理的な解法は忘却しかあり得ない。いくら考えても先のメタループからは脱出できない。

「忘却」と同様のアプローチとして「無知」があるように思う。知ることによってわざわざ忘れる必要があるのならば、知らなくて良いことは初めから知らなくて良い。

「忘却」と「無知」のマネジメントが安定した精神状態の維持に必要な行為だという風に理解した。

SFの社会実装による可能性

須原一秀氏が『“現代の全体”をとらえる一番大きくて簡単な枠組』で語ったように、人間社会の中で最高の体系的な1つの思想を打ち立てることが不可能であることが歴史によって証明されたとするならば、場当たり的問題解決によるインクリメンタルな成長を続けていくしかない。

人類の中で思想・哲学的な議論は繰り返されており、抑えるべき観点などはある程度出ており、残るは各論なのではないか。瓶の中に既に大きな石は敷き詰められており、石同士の小さな隙間を埋めるような議論しか残っていないのでは無いか。

既に武器はあらかた揃えられており、現実側の変化に応じて、必要な武器を持ち出していくという構造になっているように思われる。武器自体が増える余地は少ない。大きな武器であれば尚更。だから、現実世界が変化を続ける限り、議論は巻き起こるのであるが、大抵のことは決着はついている。

続きを読む →

私の思想と私の行動は一致しなければならないか

2020年に入ってから、自分の人生についての考え方が大きく変化してきたが、ここ半年くらいの間は、前向きで希望的な要素が少ない考え方でスタックしており、感情的にもあまり晴れにくいような時間が続いていた。(もちろんここには外出自粛などによるライフスタイルの変化も重なっていたように思う)

しかし、つい先日に頂いた寸言によって、自身の状態に対する自己の認識が変わった。私は不可抗力的に鬱屈しているのではなかった。私は「趣味」で鬱屈しているのだ。

だから「スタックから抜け出す」という表現は適切ではない。なぜなら誰も私もスタックさせようとしていないし、構造的にスタックせざるを得ないような状況にもなっていない。私はいつでも自らの意志でその拘束を解くことが出来る。他でも無い「私自身の意志」が私を捉えている。要するに好きでやっている訳だ。

続きを読む →

論理感覚

「何も無い」で満たされた無限の空間を考える。いや、無限である空間を「満たす」という言葉自体矛盾しているのかもしれないが。

私たちがその空間に突如として放り込まれたとする。さあ、私たちはどこに行くだろう。いや、まずこの問いの設定が誤っているだろうか。正しくは

「どこに行けるだろう?」

であるだろう。

宇宙空間に放り出された人間は、エンジンなどの推進力無しに移動することは出来ない。どんなに頑張って泳ごうとしても抵抗のその無い空間では、その体はただ慣性に従うだけになる。だから、何も持たずにただ放り出された人間は、どんなに頑張ろうが藻掻こうが、どこにも行くことは出来ない。少しだって前に進むことさえ出来ない。

私は人間がその頭に持つ「論理の世界」をそのように捉える。

では、その中で前に進むためにはどうすればよいのか?

それは

「足場を作ること」

になるだろう。確かな土台を足場に持ち、それを蹴って前に進んでいく。この土台が無ければ、私たちは虚空をただ漂い続けるしかない。

古来多くの人々が「確かなもの」を求めて頭を悩ませてきた。「神」だとか「考える私」だとか「存在」だとか。

何も無い虚空の中に考える対象となる材料自体そう多くは無いから、この無限に広がる空間という世界に求めるか、あとはその空間に浮く自己の内部に求めるか、あとはそれらの切り取り方次第だ。それらを地盤としてその上に建物を作る。

それらの建物は論理で組み立てられる。堅強な論理で組み立てられた建物は叩いてもビクともしないし、寄せ集めたような論理はちょっとした風で吹き飛んでしまう。

しかし、どんなに堅強な論理もその足場を失えば直ちに転倒し、虚空を漂う巨大なデブリと化す。我々全てが内包される虚空のルールには誰も逆らえない。

ーーーーーー

「小さな粒子」で満たされた、ある空間を考える。我々のある世界において、その小さな粒子はどのように存在するか。

①遍在する
②偏在する

答えは「②偏在する」である。

私たちは時に論理的にあり得るパターンを網羅的に検討してしまう。空間を1cmの立方体に等分し、それぞれの中心に粒子が存在すると想定することがある。どこから眺めても美しく整理された空間を想像する。

それを網羅と呼び、可能性と呼び、犬の道と呼ぶ。

本当はそれではいけない。人の世界に遍在はあり得ない。現実では面白いほどに偏る。人間臭く偏る。

それを仮説と呼び、蓋然性と呼び、直観と呼ぶ。

バベルの図書館には、10の1,834,097乗の蔵書があるが、その中でも意味を成す書物はほんの一握りである。意味を成す本・成さない本は、単語と文法のルールによって規則が成立しその時点で偏る。何より私たちにはそれを読めば、それが意味を成す本であることを即座に理解する。

ーーーーーー

寸分も狂いのない等間隔のマスを敷き詰めたような緻密な論理を組む人がいる。1歩1歩段を昇り降りをしていき、誤れば1つ下がる、正しければ1歩進む。前提が崩れれば3歩下がるが、横にずれてまた1歩ずつ前に進む。

命を持つように力強く歪な形をした論理を組む人がいる。その中に入ることを許さない歪んだ大きな建造物を自らの中に持ち、周囲を自らの重力で引き込んでいく。いきなり斜めに10歩進んだり、真横に5歩進んだり、時には黙り込みさえする。

人と話せば、その人の論理がわかる。どんな建物を建てているかが見える。立ち入り禁止の特大カテドラルをその内に持つ人もいれば、小さなお家を何軒かお持ちでその中によく招待してくれる人もいる。

一方で、建物を建てない人もいる。自分で建てていないのに、なぜか建てる知識は人より持っていて、その知識で人の建物を分解してその中に押し入ってきたりすることもあるし、一方で建築に的確な助言をくれることもある。

論理には、人がよく見えると思うようになった。