主人公とNPCの二足の草鞋 | 信じられる対象の必要性

コロナウイルスの影響により今週一週間は外に出ず、ほとんど家の中にいたのであるが、その中で感じていたのは「生きているとは一体どういうことなのだろう」ということだった。ああ、なんと唐突な。恥ずかしい。

何を今更そんな青い問いを、と自分でもツッコまずにはいられないのであるが、自宅守護によって生じている他者との直接的なコミュニケーションの欠如(やっぱり電話と対面は違いますね)と、日々扱われるコンテンツは違えど同じ型が繰り返された一週間は、先の様な青い問いを想起させるのに充分であった。

今日より明日が良くなるという「希望」

ヴィクトール・フランクル『夜と霧』において描き出された極限状態における人間の行動は、人間が生存のために本当に必要なエッセンスを提示する。強制収容所の絶望的な状況を生存した人と、そこで力尽きた人との大きな違いは「明日に生きる希望を持てたか」ということであった。

「今日より明日が良くなる」ということを感じることが出来る人間にとっては、今日を生き延び明日に向かうことに意味がある。しかし、その希望とは何から生じるのであるか。何を根拠に明日は今日より良くなると確信できるのであろうか。

その一つは「夢」「野心」の存在であると思う。自分自身が思い描く夢の実現に対して、毎日少しずつでも近づいていることの実感を得ることができていれば、また明日も生きていこうと思うことが出来る。

ここでは、その夢の実現可能性は全く問題ではない。重要なのは「自分が信じられる夢を描けるかどうか」ということであり、それが全くの虚構でもデタラメでも信じられれば何でもよろしい。夢が存在していること自体が生きる希望となる。

パウロ・コエーリョ『アルケミスト』に登場する「いつかメッカに巡礼すること」を夢見ている、とあるムスリムにとっては、メッカへの巡礼こそが生きる希望であり、本当にメッカに巡礼することは彼にとって生きる希望を失うことに他ならない。だから、彼は今年も巡礼しないし、10年後もきっと巡礼しない。「希望」を持てることに合理性も根拠なども必要なく、それを本気で叶えようとしているかということさえも関係なく、信じることが出来るか、ということに尽きる。

続きを読む →