既に完成された幸福と不純物 | ぬるっとした幸福論

一年間で最も散歩に適した季節の到来。今日の最高気温は20℃であることを知り、上着を持たずに出かけてみようと、私の心は冒険気分になる。都内の海の見える公園で約束までの時間を潰していると、30代前半くらいのお父さんが、まだまだ背丈の小さい子供とサッカーをしている姿が目に入る。

ボールを上から足でおさえるんじゃなくて、足の内側でボールを軽く止めてあげるんだよ

と、お父さんは説明する。ボールのトラップの仕方を教えているようだ。世のお父さんはみんなサッカーが出来なくてはいけないな、と思うくらいにはサッカーは子供にとって人気なスポーツだ。

その脇では、ベンチに腰掛けた女性がそんな二人の姿を眺めている。きっとこの3人は家族なのだなと私は思う。両親が自分たちの子供を見るその目には、愛と優しさ、そして子供の輝かしい未来に対する期待が映っている。 続きを読む →

「お前の人生はつまらない」による時間差攻撃とその対応について

社会人になって、漫画を大人買いする「癖」がついている。大半はブックオフで1冊100円になった、過去の流行り物(これは矛盾している)を読む。スタートからゴールまで一直線でノンストップで読み切れるのが心地よい。

それからは、現在も連載継続中の新しい漫画も読むようになった。今どきの漫画はテーマも多様で、どの作品も絵が上手い。最近の漫画はすこぶる面白い。

それで昨日。しばらくは買っていなかったのだが、ここのところ集中している日々が続き、それが落ち着いたのもあってか、昨日は無性に漫画が読みたくなった。

Amazonの欲しい物リストに読みたいと思った漫画はアドしている。過去作となれば、Primeで安く全巻セットなどが買えるのであるが、新作は定価なのでPrimeで買うメリットも特になく、その場で読めるKindleで買ってしまうことが多い。

色々迷った挙げ句、昨日は以下の作品を選んだ。

『ブルーピリオド』は、勉強ができる優等生である高校生の主人公が、藝大入試に挑戦するスポ(芸術)根漫画だ。今どきの20代(つまり自分みたいな人)には刺さるんじゃないか。

  • 天才ではない
  • やりたいことも分からない
  • 人の期待に応えるのは得意で八方美人
  • 社会的にはある程度のポジションを築いておきたい

みたいな、積極的なんだが消極的なんだかよく分からない理由ながら「自分は割とやれている方だと思うんだが」な人生を歩んできた人にとっては、主人公の感情・思考に上手く入り込めると思う。

『ブルーピリオド』を読んで感じたのは、その人が創り出すアウトプットには、その人の人生そのものが投影されるということ。逆に言えば、自分の人生にインプットされていない、つまり無いものはアウトプットにならない、ということでもある。

続きを読む →